むじゅうりょく書店

自由な本屋 むじゅうりょく書店

ランボーのスティーマー・ポイント

詩人ランボーに憑かれた男による、ランボーという事件の現場検証の書であり、その真実に迫るヴィヴィッドな実況報告書である。写真満載・旅の案内データ付き。


アルチュール・ランボー
(Arthur Rimbaud, 1854-1891)
フランスの詩人。北フランスのシャルルヴィル市に生まれる。陸軍大尉の父が早くから家を捨てたため、厳格で敬神家の母の強い影響下で育った。
早熟で模範的な優等生だったが、1870年の普仏戦争を境に生活が一変、学業を放棄して詩作に没頭する。71年秋、ヴェルレーヌの招きでパリに出、次いで二人でベルギー,ロンドンなどで同棲生活を送るが、73年7月に決裂。同年4-8月に散文詩集『地獄の季節』を、そしてその前後3-4年にわたって『イリュミナシオン』の諸作を書いた。75年頃からは文学を離れ世界各地を放浪、最後はエジプト、アビシニアで交易に従事する。91年右脚関節に腫瘍ができ、同年末マルセイユの病院で死去。類を絶した天才詩人として後世の文学に多大な影響を与えた。

鈴村和成
(すずむら・かずなり)
1944年生まれ。東京大学フランス文学科修了。元横浜市立大学教授。
長年ランボーの読解に心血を注ぎ、とりわけ詩作放棄後アラビア、アフリカでのランボーの足跡を実地にくまなく追うことで、これまでほとんど顧みられなかったアフリカ書簡に斬新な解釈を施してきた。


著 者 : 鈴村和成
発行年 : 1192年
製 本 : ソフトカバー 164ページ
サイズ : H210mm×W148mm
出版社 : 集英社
状 態 : 古本

ランボーのスティーマー・ポイント

1,200円(内税)